【実用的】YouTube 広告収益に関わる知識

副業

YouTubeの広告収益の仕組みが知りたい!

 今日は、YouTubeがどういった仕組みでYouTuberにお金を支払っているのかを解説したいと思います!

だれが払っているの?

 当然ですが、広告主が払っています。

広告主はYouTubeに対して希望のターゲットを伝えて金額を設定しています。

CPMってなん?

 CRMは、YouTubeの広告収入計算方法を理解する上で重要な言葉です。

C = Cost コスト

P = Per  パフォーマンス

M = Mile 1,000回

→広告を1,000回表示するために掛かる費用

と言われています。

 少し噛み砕くと、広告主がターゲットに広告を届けるためにどれくらいの金額を出すか。ということです。

広告主の気持ち

 広告主としては、広告費用の予算を以下のように考えます。

広く浅いターゲット → 安く設定

ニッチなターゲット → 高く設定

※リーチするのが難しいから

広告費用計算について、

厳密には、動画再生回数ではなく、

広告表示回数になります。

広告収入の計算方法

 計算式を示します。難しく見えますが実は簡単です。

広告再生回数 / 1,000

       ×

CPM

       ×

〜%

       =

クリエイターの取り分

 つまり再生回数にCPMを掛けて55%される訳です。

大切なこと

 この知識を活かすためのtodoは簡単です。

収益化されたチャンネルでは動画ごとのCPMを確認することができます。

確認をして、CPMが高い動画を今後選択していく。または、subscribersという動画視聴者の中でチャンネル登録者の伸びの指標を的に投稿内容にテコ入れをしていけば良いのです。

さいごに…

 いかがでしたか?

CPMのイメージが分かればあなたの投稿動画も決まると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました