【分析】著作物になるライン

副業

著作物になるかどうかのラインとは

 前回の記事でデータ単体では著作物にはならず、創造性が含まれる文章には著作権が与えられる可能性がある。と紹介しました。

 今の時代はまったく新しいデータなんていうものは中々なく、ほとんどが既存データをどう使うか。ですよね?

 本記事では、素材を編集したものに対する著作権のラインを研究していきたいと思います。

著作権法12条(編集著作物)

編集物(データベースに該当するものを除く。以下同じ。)でその素材の選択又は配列によつて創作性を有するものは、著作物として保護する。

2 前項の規定は、同項の編集物の部分を構成する著作物の著作者の権利に影響を及ぼさない。

 

具体的な例

猫

例えば、前回株価が単純に羅列されているものについては著作権が与えられないと聞きました。

虎しゃちょー
虎しゃちょー

そうですね、電話番号や会社名だけでは、著作物にはなりえません。

猫

ポイントは創造性ですよね。

50音順にするだけでは、著作権は与えられないんですかね。

虎しゃちょー
虎しゃちょー

そのとおりです。

創造性の判断基準として大切なのは、そこにアイデアが含まれているか?という点です。

猫

ユーザーが見やすいように考えて順番を組んだりとかですか?

虎しゃちょー
虎しゃちょー

そのとおりです!

さいごに

 あなたが、使おうとしている言葉に創造性は含まれていませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました