【分析】クリエイター向け不正競争防止法の考え方と事例

副業

クリエイターが押さえておきたい”不正競争防止法”の考え方と事例

 前回まで、著作権に関する記事をあげてきました。不正競争防止法に引っかかると罰金!になるケースもあります。

 そこで今回は、不正競争防止法に関する研究をしていきます!

不正競争防止法で禁止になるケース

 ブロガー、YouTuberが、引っかかりそうなケースを出しました。

  • お客様の誤解を利用した競争。

 例えば、有名なYouTuberとかなり酷似した名前や内容で発信すると視聴者は勘違いしてそちらも見てしまいますよね。

 これは、飲食業界では昔よく起きていましたが、禁止行為です!

 

  • 周知表示で誤解させる。

前の項目は似せて集客させようとする。でしたね。もうひとつは、連想させて営業妨害する。です。

 ブログの中で他のブログやYouTubeチャンネルの内容について話して、その内容が営業妨害的な内容である場合には、禁止事項になりえます。

次回

 著作権は難しいですね。

グレーゾーンを言葉で伝えるのは限界がありますが、次回はもう少し具体例をお伝えできればと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました